歯周病

準備中

歯周病は細菌による感染症です

歯周病菌は少しずつ歯周組織を破壊していきます。歯ぐきの腫れ・出血などからはじまり、最終的には歯を支えている骨(歯槽骨)をも溶かしてしまう恐ろしい病気です。

歯周病の特徴としては、歯肉出血・腫脹等あるものの痛みがないため、病気という認識がなく重症化していくことです。そのため、Silent Disease(沈黙の病気)ともいわれています。

実際に、定期的な受診をされていな方は、歯がグラグラするなど、歯周病菌による破壊が歯槽骨まで達した際に、歯科医院を受診し歯周病と指摘されることも少なくありません。痛みがないのに、抜歯が必要といわれた方は、重度の歯周病が多いです。

また、歯周病菌嫌気性菌ですので、ある程度進行すると口臭も強くなります。独特の強烈な臭いがありますが、本人の自覚は乏しく(嗅覚は順応性が高い為、常に嗅いでいる自分の口臭には鈍感になります)周囲に迷惑をかけているのが現状です。

歯周病は、自然に治癒する病気ではありません。

一旦、出血や腫脹がひいたと思っても確実に進行していきます。

そして、さらに歯周病の恐ろしい点は、歯周病菌による感染症ということです。

1カ所にとどまることなく、少しずつ周囲に広がっていきます。

痛みがなくても、歯肉が赤い、腫れている、出血があるなどの症状が見られたら、痛みがなくても受診をお勧めいたします。

手遅れにならないうちに、歯周病を治しましょう。

歯がグラグラする、歯ぐきから血が出る、歯ぐきが腫れてる、膿が出てる、においが気になる・・・

このような症状で抜歯を勧められた方、もしかしたら残すことのできる歯かもしれません。

当クリニック副院長は日本歯周病学会認定医です。

ぜひ、一度ご相談ください。

口腔の健康と全身の健康の関係